「オンライン英会話ってWiFiが必要?」

もしかしてオンライン英会話にかかる通信量、そして「WiFi契約が必要なのか」とお悩みでは?

ここでは人気オンライン英会話の受講時の通信量を比較した上で、オンライン英会話むけにイチオシのWiFiをご紹介します。

ざっくり言うと
  • ビデオ通話で消費する通信量は予想以上に大きい
  • 外出先でフリーwi-fiやスマホは危険!
  • 自宅は光回線、外出先ならWiMAXが確実

結論から先にいうと、通信速度が不安定なWiFiを利用して大切なレッスンが途切れたり中断したりしては本末転倒。WiMAXのような高速通信かつ無制限プランのあるWiFiの利用をおすすめします。

無制限プランのある最安ポケットwi-fi

オンライン英会話に必要な通信量の目安

「オンライン英会話の通信量ってどのくらい?」

オンライン英会話にWiFiが必要かどうかは、レッスンで消費されるデータ通信量で判断できます。
ここでは有名オンライン英会話からランダムに

  • DMM英会話のデータ通信量
  • ネイティブ・キャンプ
  • レアジョブ英会話

上記3社をピックアップし、音声通話とビデオ通話のデータ通信量の情報を集めてみました。

DMM英会話のデータ通信量

DMM英会話のレッスンにはパソコン、スマートフォン、タブレットなどあらゆるデバイスでレッスンが受講できる「Eikaiwa Live」という専用アプリを利用します。

Eikaiwa Liveを使用した際の通信量の目安を教えてください。

Eikaiwa Liveで1レッスン25分通話を行った場合、通信量の目安は以下となっております。 音声通話・・・約0.15GB (1分あたり6MBとして算出) ビデオ通話・・・約0.75GB (1分あたり30MBとして算出) また、各データ通信量ごとの可能レッスン数の目安は以下となっております。
引用:DMM英会話「Eikaiwa Liveについて」

1レッスン25分で約750MB、つまり1カ月30日毎日レッスンを受講した場合、約22.5GBほどデータ通信量を消費します。

一般的な上限ありのスマホ契約の場合、かなり早い段階で通信制限を突破してしまうことが予想されます。(※参考:【スマホの通信制限かけられた!!】慌てないで!緊急対策と今後の3つの予防策を解説しましょう!

ちなみに生徒さんの中にも通信制限でお困りのケースが多いのか

なお、ビデオ通話で毎日のレッスンをご希望のお客様には、 通信速度が早く、データ通信量の制限をほとんど受けないタイプの ADSL回線、光回線のご利用がおすすめです。

といった注意書きがみつかりました。

TIPS
ちなみに今回、3社の中でもっともデータ通信量が大きかったのがこちらのDMM英会話でした

ネイティブ・キャンプのデータ通信量


ネイティブ・キャンプでは以下のような専用の英会話アプリを利用する英会話学習プラットフォームです。

気になるデータ通信量については、ネイティブ・キャンプ公式HPに以下のような記載がみつかりました。

レッスンを受けた際のデータ通信量はどのくらいでしょうか。

1レッスンあたり(25分)のデータ通信量は、以下のようになります。

(PC)映像あり:300MB  音声のみ:200MB
(アプリ)映像あり:100MB  音声のみ:20MB
引用:ネイティブ・キャンプ「よくあるご質問」

DMM英会話で必要とされる通信量にくらべ、半分以下と若干データ通信量が少ないようです。

レアジョブ英会話のデータ通信量

そして最後は会員数80万人のレアジョブ英会話。
無料体験レッスンが2回お試しできるため、初めてのオンライン英会話という方にも人気の1社です。

レアジョブのレッスンでは独自のレッスン受講ツールのレッスンルームとスカイプから選択できるため、それぞれのデータ通信量をまとめてみました。※最近ではレッスンルーム利用のケースが大半です。

レッスンルーム受講時のデータ通信量

ビデオ通話 音声通話
1レッスン(25分) 200~300MB 50~70MB
1カ月(1日1レッスン受講) 6~9GB 1.5~2.1GB

スカイプ受講のデータ通信量

ビデオ通話 音声通話
スカイプ1時間 120MB 37MB

※1時間あたりに消費される平均的なデータ容量となります。

スカイプにくらべレッスンルームのデータ消費量が若干大きく、ネイティブ・キャンプと同じレベルのデータ消費量を消費していました。

無制限プランは必須
各オンライン英会話によりレッスン用アプリも違い、DMM英会話のように予想以上に大容量のデータが消費されるケースもあるため、スマホのギガでは上限に達する可能性・大。

※そのほかオンライン英会話の中には専用アプリの他に「Zoom」で受講できる会社もあります。Zoomの場合、【プロが選ぶ】テレワーク・リモートワークにおすすめWiFiと回線選びのコツも参考にしてください。

オンライン英会話の通信量を節約するには?

「少しでもオンライン英会話の通信量を節約したい」

ここではオンライン英会話で消費されるデータ通信量を節約する2つの方法を解説します。

通信量を節約する方法は大きくわけて

  • フリーwi-fiを利用する
  • 生徒側のカメラをOFFにする

以上の2つです。自宅の固定回線や無制限プランのポケットwi-fiをご利用中の方は気にならない部分ですが、スマホで契約中のギガを利用される方はぜひご検討ください。

フリーwi-fiを利用する

駅やカフェ、コワーキングスペースやマクドナルド、スタバ、ドトールなどのフリーwi-fiに接続した状態でオンライン英会話を利用すれば基本的な自分で契約中のデータ通信量は消費されません。

ただしネット閲覧とちがいオンライン英会話の場合、周囲に他のお客さんがいることで気を遣ってしまい授業に集中できないケースもあるのでご注意ください。

また【つなぐと危険!?】フリーwi-fiの危険性と安全に接続する3つのポイントでも解説したように、フリーwi-fiの中にはセキュリティ対策ができていないサービスもみられます。

コワーキングスペースなど公共の場で行う場合は、パソコンのファイル共有機能をオフにし、必要に応じて信頼できるVPNサービスを利用する
参考:IPA(情報処理推進機構)「テレワークを行う際のセキュリティ上の注意事項」

もしフリーwi-fiでオンライン英会話を受講する際はスマホやPC側のセキュリティ対策を講じた上でご利用ください。

生徒側のカメラをOFFにする


「ビデオ通話」は「音声通話」よりはるかに多くの通信量を消費します。

とはいえオンライン英会話において、画面の先生の口元を見て発音方法を理解することも重要なので、必要のない生徒側のカメラをOFFにすることで通信量は約半分に節約できます。

音声通話は厳しいけれど、データ通信量の消費を節約したい方にはおすすめします。

慣れてきたら講師側のビデオがOFFでも出来る様になってきます。その方がなお通信量は抑えられます。

オンライン英会話むけWiFiのおすすめは?

「オンライン英会話むけWiFiは何を基準に選ぶの?」

オンライン英会話を快適に受講するには以下の3つをクリアしたWiFiがおすすめです。

  • ラグや遅延のない通信速度
  • 途切れない安定した通信状態
  • 月間データ容量が無制限

外国人講師とのリアルタイムな双方向コミュニケーションのオンライン英会話において、ラグや遅延が大きいことはストレスに他なりません

また通信状態が不安定、エリアの狭いポケットwi-fiではレッスンが途切れ途切れになったり最悪だと中断する可能性もあります。

もちろん消費される通信量を気にしながらレッスン数を調整してしまっては英語力アップの目的が本末転倒です。

結論

上記の3つのポイントをクリアした上で、月額料金がもっともお得でコスパが高いWiFiは現在、WiMAXが断トツです。自宅はもちろん、WiMAXなら場所を気にせず好きなタイミングで安全にオンライン英会話を受講できます!

オンライン英会話むけWiFiの最安値を調査

「もしwimaxを契約するなら現時点での最安値はどこ?」 

リアルなクチコミ情報をふまえ、wimax端末が無料かつ月額がお得だった会社を5社に絞り込んでみました。

特典の詳細 実質料金(3年総額)
35,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
3段階の月額割引 133,368円
30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後
129,310円
159,310円(CB貰えない場合)
一律の月額割引 133,320円
broad-wimax 3段階の月額割引 131,491円
CBなしの最安値

基本、上記5社の中から選んでもらえば、どこでもお得にL02が使い倒せるでしょう。しかし中には

「うーーん5社全てを比較するのも面倒…」

という人もいると思うので、さらに編集部が5社→最安値の2社に絞り込んでみました。

最終的にL02がお得につかえる2社を決定

結論からいうと、2021年10月現在L02を最安値で契約できるプロバイダは以下の2社でした。

おすすめのタイプ 3年間の総費用
broad-wimax 面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない 131,491円
CBなしの最安値
1年後のCB申請手続きならできそうな人 120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
選ぶポイントは「CB手続き」
キャッシュバックを受取れた計算で全プロバイダ総費用を料金比較すると、現状で最安値はWiMAXプロバイダの中でも老舗「GMOとくとくBB」。CB手続きが必要ですが数字的には断トツにお得です。

ちなみにキャッシュバックの受取ミスなど想定した場合、最初から月額割の設定しかないBroad WiMAXの総費用が最安でした。アナタが1年後のキャッシュバック手続きができるのか?という部分で選ぶ会社は決まってきます。

もしアナタが「GMOのような1年後のCB受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するこちら。

Broad WiMAXが総費用が1番お得です。

BroadのWEB割引ページ

 

一方、アナタが「キャッシュバック申請の手間は気にしない」という場合、GMOとくとくBBが断トツにお得です!!

GMOとくとくBBを詳しく見る

業界を牽引する2社から選ぼう!
どこから契約しても通信速度やエリア、料金プランの変わらないwimaxはシンプルに利用期間の総費用を比較して圧倒的に安い「ブロードワイマックス」・「GMOとくとくBB」の2社から選ぶのが正解です。

まとめ

以上、オンライン英会話のデータ消費量を算出した上でWiFiが必要なのかを検証した結果、

  • オンライン英会話の専用アプリにより通信量もさまざま
  • 予想以上にデータ通信量の大きな会社もある
  • WiFiを検討しているならWiMAXが最適

ということが判明しました。

本記事を参考に、自分のライフスタイルに合ったオンライン英会話むけWiFiを選んでいただけたら幸いです。


WiFi2you編集部

イーモバ、旧WiMAX回線などモバイル回線黎明期から愛用している根っからのモバイル回線愛用者。 今現在はSoftbank光回線&WiMAX回線のポケットwi-fi、さらに事務所用に置き型WiFiを契約中。わかりづらい回線選びの基準やお得な申込先を比較・ご提案します。