【プロが選ぶ】オンライン授業むけWi-Fi 大学生におすすめのポケットWiFiと選び方

用途から選ぶWi-Fiオンライン授業,ズーム授業,大学,学習塾,講義,高校

「オンライン授業のWiFiってどれがいいの?」

もしかしてオンライン授業にベストなWiFiをお探しでは?

ここでは新型コロナウィルスによる影響で急増している大学や高校・予備校・学習塾オンライン授業に最適なWi-Fi選びの基準、さらにコスパ最強のオンライン授業むけWi-Fiを絞り込んでみました。

ココがポイント
  • Zoom講義の通信量は予想以上に大きかった
  • 節約してフリーwi-fiやスマホは逆に危険!?
  • 外出先でも受講するならWiMAXが正解

スマホのデータ通信や受信状態が不安定なWiFiを利用して大切な授業がカクカクしたり中断しては本末転倒です。
結論からいうと、WiMAXのような高速通信かつ無制限プランのあるWi-Fiの利用をおすすめします。

無制限プランのある最安ポケットwi-fi

【タイプ別で選ぶ】オンライン授業の3形態を知ろう

オンライン授業には大きくわけて3つの形態があり、どのWi-Fiを選ぶべきかは授業のスタイルによります。

  1. オンデマンド型
  2. ライブ配信型
  3. 双方向性オンライン授業

まずは自分のオンライン授業のスタイルを知った上で、タイプに合ったWi-Fiを選ぶようにしてください。

①オンデマンド型オンライン授業

オンデマンド型は、予め録画された動画を配信し、生徒は好きなタイミングで授業動画をダウンロードして学習を進めます。

通常、録画済みの動画が専用サイトにアップロードされているため、予習や復習時に何度でも繰り返し受講できるのがメリットです。

WiFi環境でダウンロードを
オンデマンド型オンライン授業の場合、自宅で事前にダウウンロードも可能です。
またライブ配信でないため、自宅で光回線のWi-Fi環境のある人は無理にポケットWiFi等を契約する必要はありません。

②ライブ配信型オンライン授業

ライブ配信サービス(アプリ)を利用することで、決められた配信時間にリアルタイムで授業を配信します。

オンデマンド型にくらべ、配信時間予め設定されているので普段受ける生の授業のようなと感覚で受けられるのがメリットです。

特別な授業支援ソフトなどが不要なため、最近ではライブ型配信授業を利用する大学や高校、学習塾が増えています。

通信速度が安定したWiFiを

オンライン授業に利用するアプリや画質設定にもよりますが、通信速度が遅く不安定なWiFi環境では授業中に途切れ途切れになったりカクカクしたりストレスが溜まります。

できるだけ通信速度が安定したポケットWiFiを利用するのが望ましいです。

無制限プランのある最安ポケットwi-fi

③双方向性オンライン授業

上記のライブ配信型にくわえ、生徒側も積極的に授業に参加できるのが双方向性オンライン授業です。

通常、ZoomやSkypeのようなテレビ会議システム(アプリ)を利用します。リアルな授業のように先生(教授)と生徒でコミュニケーションを取ることで、より理解を深めることができ、もっとも効率よいオンライン授業といえます。

以下が代表的な双方向性オンライン授業に利用されるWEB会議システムです。

Zoom 画面共有・チャット・録画機能・アンケート機能
Google Meet 画面共有・チャット・録画機能・アンケート機能
Microsoft Teams 画面共有・チャット・録画機能
通信量に注意
ZoomやSkype等WEB会議システムを利用したオンライン授業は予想以上に多くのデータ容量が消費されます。通信速度が安定しているのはもちろん、かならず無制限プランのあるポケットWiFiを契約するようにしておきましょう。

オンライン授業むけWi-Fi選び3つのポイント

「オンライン授業用のWi-Fiを選ぶ基準は?」

オンライン授業におすすめのWi-Fiは受講する場所により変わってきます。

100%自宅で受講という方の場合、わざわざポケットWiFiを選ぶ必要なく、通信速度も速く安定しているフレッツやnuro光などの光回線の方が快適です。

一方、カフェやコワーキングスペース、屋外など好きな場所でオンライン授業を受講したい人でしたらポケットWiFiがおすすめです。

  • 十分な通信速度で安定している
  • 月間データ容量が無制限につかえる
  • 月額料金が他社よりも安い

ポケットWiFiを購入する際は以上の3つのポイントに注意して選ぶようにしてください。

TIPS
光回線とちがいポケットWiFiなら、オンライン授業以外にもネットフリックスやHulu等の動画視聴やTikTok等のSNSサービスもギガ消費を気にせず楽しめますよ!

オンライン授業に必要な回線の速度は?

「オンライン授業ってポケットWiFiの通信速度で大丈夫?」

ここではライブ配信型オンライン授業・双方向性オンライン授業で一般的に採用されている「Zoom」に必要な通信速度をまとめてみました。

Zoomに必要な通信速度

1対1のビデオ通話と大人数のWEB会議では必要な通信速度が微妙に違ってきますが、結論から先にいうとポケットWiFiやWiMAXでも余裕で対応可能できます。

※ただし月間データ容量ありのプランで上限を突破してしまった場合、128Kbps~1Mbpsに制限されるためWEB会議(Zoom)に支障をきたす可能性があるのでご注意ください。

1対1ビデオ通話

iOS、Androidなどのスマホ Windows、MacなどPC端末
高品質ビデオ 600kbps
(上り/下り)
600kbps
(上り/下り)
HDビデオ 1.2Mbps
(上り/下り)
1.2Mbps
(上り/下り)

グループビデオ

iOS、Androidなどのスマホ Windows、MacなどPC端末
高品質ビデオ 600kbps
(上り/下り)
600kbps
(上り/下り)
ギャラリービュー/720pHD 1.5Mbps
(上り/下り)
1.5Mbps
(上り/下り)

参考:Zoom公式サイト「必要なネットワーク帯域を教えてください」

1対1ビデオ通話とグループビデオ、さらにグループビデオの参加人数によっては微妙に条件がちがいますが、実測で約2Mbps~あれば快適にビデオ通話できます。

TIPS

ポケットWiFi、WiMAXのようなモバイル端末の平均的な通信速度(最新機種)は、下り440Mbps~1.2Gbps、上り75Mbps

つまりポケットWiFi、WiMAXの通信速度でも余裕をもってWEB会議(Zoom)が可能です!

オンライン授業におすすめWiFi比較

オンライン授業に必要な通信量の目安

「オンライン授業の通信量ってどのくらい?」

オンライン授業にかかる通信量は、授業で利用する動画の専用サイトやWEB会議システムによりかわってきます。

以下、オンライン授業に用いられる代表的なWEB会議システム(アプリ)の1時間あたりにかかる通信量をまとめてみました。

音声通話 ビデオ通話
Zoom 42MB 480~720MB
Skype 37MB 120MB
Google Meet 41MB 600MB
Microsoft Teams 39MB 690MB

※1時間あたりに消費される平均的なデータ容量となります。

TIPS
Zoom(ビデオ通話)よりデータ消費量が多いアプリもあるものの、月間無制限プランさえ選んでおけば、3日で10GB制限のあるポケットWiFiでも問題なく利用可能です

※そのほかオンライン授業むけポケットWiFiを選ぶ際は、過去記事【プロが選ぶ】テレワーク・リモートワークにおすすめWiFiと回線選びのコツも参考にしてください。

フリーwi-fiでのオンライン授業には注意

anonymous

駅やカフェ、コワーキングスペースやマクドナルド、スタバ、ドトールなどのフリーwi-fiに接続した状態でオンライン授業を利用すれば、わざわざWiFiを契約する必要もありません。

しかし【つなぐと危険!?】フリーwi-fiの危険性と安全に接続する3つのポイントでも解説したように、フリーwi-fiの中にはセキュリティ対策ができていないサービスもみられます。

コワーキングスペースなど公共の場で行う場合は、パソコンのファイル共有機能をオフにし、必要に応じて信頼できるVPNサービスを利用する
参考:IPA(情報処理推進機構)「テレワークを行う際のセキュリティ上の注意事項」

もしフリーwi-fiでオンライン授業を受講する際はスマホやPC側のセキュリティ対策を講じた上でご利用ください。

 

オンライン授業むけWiFiのおすすめは?

「オンライン授業むけWiFiは何を基準に選ぶの?」

結論からいうと、オンライン授業を快適に受講するには以下の3つをクリアしたWiFiがおすすめです。

  • ラグや遅延のない通信速度
  • 途切れない安定した通信状態
  • 月間データ容量が無制限

先生や教授とのリアルタイムな双方向コミュニケーション型のオンライン授業において、ラグや遅延が大きいことはストレスに他なりません

また通信状態が不安定、エリアが極端に狭いポケットwi-fiではレッスンが途切れ途切れになったり、最悪だと中断する可能性もあります。

また消費される通信量を気にしながら授業を受けている状態では授業に集中できません。

結論

上記の3つのポイントをクリアした上で、月額料金がもっともお得でコスパが高いWiFiは現在、WiMAXが断トツです。自宅はもちろん、WiMAXなら場所を気にせず好きなタイミングで安全にオンライン授業を受講できます!

オンライン授業むけWiFiの最安値を調査

「もしwimaxを契約するなら現時点での最安値はどこ?」 

リアルなクチコミ情報をふまえ、wimax端末が無料かつ月額がお得だった会社を5社に絞り込んでみました。

特典の詳細 実質料金(3年総額)
35,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
3段階の月額割引 133,368円
30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後
129,310円
159,310円(CB貰えない場合)
一律の月額割引 133,320円
3段階の月額割引 131,491円
CBなしの最安値

基本、上記5社の中から選んでもらえば、どこでもお得にWiMAXのポケットWiFiがゲットできます。

しかし中には

「うーん5社全てを比較するのも面倒」

という人もいると思うので、さらに編集部が5社→最安値の2社に絞り込んでみました。

WiMAXがお得につかえる2社

結論からいうと、2021年8月現在WiMAXを最安値で契約できるプロバイダは以下の2社でした。

おすすめのタイプ 3年間の総費用
面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない 131,491円
CBなしの最安値
1年後のCB申請手続きならできそうな人 120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
選ぶポイントは「CB手続き」
キャッシュバックを受取れた計算で全プロバイダ総費用を料金比較すると、現状で最安値はWiMAXプロバイダの中でも老舗「GMOとくとくBB」。CB手続きが必要ですが数字的には断トツにお得です。

ちなみにキャッシュバックの受取ミスなど想定した場合、最初から月額割の設定しかないBroad WiMAXの総費用が最安でした。アナタが1年後のキャッシュバック手続きができるのか?という部分で選ぶ会社は決まってきます。

もしアナタが「GMOのような1年後のCB受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するこちら。

Broad WiMAXが総費用が1番お得です。

BroadのWEB割引ページ

 

一方、アナタが「キャッシュバック申請の手間は気にしない」という場合、GMOとくとくBBが断トツにお得です!!

GMOとくとくBBを詳しく見る

業界を牽引する2社から選ぼう!
どこから契約しても通信速度やエリア、料金プランの変わらないwimaxはシンプルに利用期間の総費用を比較して圧倒的に安い「ブロードワイマックス」・「GMOとくとくBB」の2社から選ぶのが正解です。

まとめ

以上、オンライン授業むけWi-Fi選びの基準、選ぶポイントをまとめてみました。

当初は新型コロナウィルスによる影響が落ち着いてくれば対面授業にシフトしていくと思われていましたが

各大学で、過半数の学生がオンライン授業の継続を希望
文科省の調査結果(大学等における後期等の授業の実施状況に関する調査)では、各大学の授業形態に加え、学生の理解状況、大学の取り組み等を掲載。それらを見ると、大学は、「オンライン授業を継続して欲しい」という学生の意見も踏まえた上で、現状の授業形態(対面授業が半数未満)を決めていることがわかる。

出典:ヤフーニュース「各大学の調査で見えてきた学生によるオンライン授業への高い評価~」

とオンライン授業を高く評価する意見も多く、継続を望んでいる学生が多いとのこと。

また総務省の「遠隔授業の活用に関する検討状況」によれば

出典:総務省「新型コロナウイルス感染症が社会にもたらす影響」

と今後はほぼすべての大学等で実施または検討しています。

 

ポイント
  • オンライン授業で使用するWEB会議システム(アプリ)により通信量もさまざま
  • 予想以上にデータ通信量の大きなアプリもある
  • WiFiを検討しているならWiMAXが最適

上記のポイントを参考に、あなたの授業スタイルに合ったネット回線を選んでみてください!