当ブログでは、これまで主要WiFi会社をガチ比較させ、目的・タイプ別の最安ポケットwifiをご紹介しましたが、中には…

「契約縛りが長すぎる!数カ月だけお得なwifiが知りたい!!」

という意見も少なくなく、今回はそんなご要望にお応えして

ココがポイント
  • 短期間の人に最安なレンタルWiFi会社とその理由
  • 他社の縛りなしレンタルWiFiを比較

これらを徹底解説。
結論からいうと、2021年9月現在、短期利用におすすめのレンタルWiFiは「超格安WiFi」というニューカマーでした。

超ユーザー目線のレンタルWiFiがデビュー!

「結局どのレンタルWiFiが一番安いの?」

こんなお時間のない方のために、つい先日(2021年2月)デビューしたばかりの超ユーザー目線かつお得なレンタルWiFiをご紹介します。

そのサービスとは…

「超格安WiFi」

こちらになります。(ネーミングがストレート過ぎるのはお許しください笑)

月間100GB使い放題!超格安WiFi

詳しくは後述しますが、

  • 縛り期間や手数料すべて無し
  • 料金プランもシンプルに1つ
  • 月間データ容量が100GB使い放題

シンプルかつお得なレンタルwi-fiというのが超格安WiFiの特長です。

これまで多くの縛りなしタイプのレンタルWiFiが登場してきましたが、

「安いけど容量が足りない…」
「使い放題だけど月額料金が割高で…」

こんな会社が多く正直微妙な部分もありました。

また「縛りなし」を謳いつつも、最終的には「縛りアリ」プランをおすすめしてくるレンタル会社も存在します。

その点でも、こちら「超格安WiFi」はプラン内容・料金設定のバランス的にイチオシできるレンタルWiFiといえるでしょう。

とくに容量を気にせず期間限定(2か月~1年程度)シンプルにお得なWiFiが欲しいって方はぜひご検討ください。

月間100GB使い放題!超格安WiFi

格安WiFiが他社よりおすすめな3つの理由

「でも超格安WiFiって普通のレンタルwifiと何が違うの?」

という方。
以下、「これまでの日本のレンタルWiFiは高すぎる!?」というキャッチフレーズでデビューした「超格安WiFi」の他社にないおすすめな3つの理由をお伝えします。

  1. 総額で安い!
  2. 契約期間縛りなし!
  3. 100GB使える!

以下、さらに詳しく掘り下げていきます。

①超格安WiFiは総額で安い!


以下の比較表をご覧ください。

超格安WiFi 他社A社 他社B社 他社C社
月額料金 3,780円 3,760円 3,610円 2,800円
初期費用 0円 3,000円 3,000円 3,000円
解約時料金 0円 19,000円 19,000円 25,000円
1年間利用後解約した時の総額 45,360円 67,120円 65,320円 61,600円

正直、月額料金だけを比較した場合、超格安WiFiよりもお得なレンタルWiFiは少なくありません。

しかしながら表面上の月額料金が安いだけで実際には初期費用や解約料金、発送料など別途で請求されるレンタルWiFiも少なくなく、最終的な支払いは高額になってくるケースも多いのです。

月間100GB使い放題!超格安WiFi

TIPS
超格安WiFiならシンプルに月額料金だけが請求されるため、無駄な諸費用をすべてカットできるので最終的に一番お得なWiFiなのです。

②超格安WiFiなら…契約期間縛りなし!


通常のUQWiMAXやGMOとくとくBBなどの場合、契約期間内に解約してしまうと

解約時期 解約費用
12ヶ月以内 19,000円
13~24ヶ月以内 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円

といった違約金が発生します。また縛りなしタイプのレンタルWiFiを謳っていても「事実上は〇か月間は解約不可」といった縛り期間が存在するケースも少なくありません。

しかしながら超格安WiFiの場合、最短なら申込書月と解約月の2か月は解約不可ではありますが、それ以降ならいつ頃解約しても違約金は発生しません

③超格安WiFiならたっぷり100GB使える!


レンタルWiFiの中には「容量無制限」を謳っているサービスもありますが、 各WiFiにはそれぞれ上限が割り振られているため、本当の意味での容量無制限は存在しません。

そんな中、超格安WiFiでは

敢えて「容量無制限」という曖昧な記載を排除して、上記のように「100GBまで」と明確にデータ容量を記載しているのが好感が持てます。

月間100GB使い放題!超格安WiFi

TIPS
基本的に無制限につかえるレンタルWiFiは2021年現在、1社も存在しません。どの会社も「回線元の判断により、短期間で異常な通信量とみなされた場合、速度制限が発生します」といった注釈が記載されているのでご注意ください。

超格安WiFiでレンタルできるWiFiルーターと利用回線


超格安WiFiで貸し出されるモバイルルーターはこちらの2種で、在庫状況に合わせてランダムに発送されます。

また利用回線については高層階や地下鉄でも安定して接続しやすいY!mobile回線を100%利用しています。

【地下鉄でネットできない人に朗報!!】地下に強いモバイルWi-Fi徹底比較した結果を発表!!

不安な方はお客様センターで確認を!
超格安WiFiでは基本的に端末の選択はできませんが、お客様サポートに問い合わせることで「現在ならどちらの端末が発送されるか」についてある程度の予定は教えていただけました。

他社縛りなしタイプのレンタルWiFiと詳細を比較

「たしかに超格安WiFiは安いけど縛りなしWiFiの方が安くない?」

もしかしたら「縛りなし」に特化した人気の1社「縛りなしWiFi」の方がお得だとお考えの方もいるかもしれません。

そこで縛りなしWiFiと超格安WiFiをわかりやすく一覧比較してみました。

縛りなしWiFi
縛り期間 縛りなしプラン:なし
縛っちゃうプラン:あり
なし
月額料金 2600円~3300円 3780円
事務手数料 3000円 0円
データ容量 月間20GB
月間50GB
2GB/日(実質60GB)
月間100GB

と、公式HPで前面に推している月額2600円とは…

そう。じつは「縛っちゃうプラン」のこと。

縛りなしのプランの場合、

と3種のプランが用意されており、データ容量が大きなプランだと実質60Bで3300円+手数料となります。

月額料金だけを単純に比較すれば縛りなしWiFiの方が安いかもしれませんが、超格安WiFiの方が月間40GBもデータ容量が多く手数料も不要

結果、短期間の利用で動画視聴が多めの人だったら、超格安WiFiを選んでおいた方が安心ですね。

月間100GB使い放題!超格安WiFi

【調査!!】超格安WiFiの運営元とは


「超格安WiFiって怪しい会社なのでは?」

という方も少なからずいると思うので簡単に超格安WiFiの運営会社をご紹介します。

因みに上記の「民泊物件.com」民泊の窓口」を運営するというスペースWi-Fiの運営元、スペースエージェントとは……

社名 株式会社スペースエージェント
設立 2015年4月
資本金 1億9600万円(資本準備金含む)
本社 〒105-6923
東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー24F

このようなオフィスを構えたしっかりとした企業ですのでご安心ください。

また超格安WiFiの他にもSPACE Wi-Fiや最安値保証WiFiなどのレンタルWiFi、民泊物件.com最安値保証ゲンプクなど運営している信頼できる運営元さまですので安心してご利用いただけます。

GMOやUQ WiMAXなどプロバイダ契約は短期間には不向き

「お得にWiFi契約するならばWiMAX回線、中でもGMOまたはBroad WiMAX経由が無難にお得」

当ブログではこれまで上記のようにお伝えしてきました。

が、しかし!!!

それはあくまでプロバイダの指定した契約期間の2年間、3年間をきっちり使い倒した場合の話であり、たとえば…

と、仮に数か月、半年、1年で途中解約してしまうと予想以上に高額な違約金(解約金)が請求されるため、多額のキャッシュバックを貰ったところでちっともお得じゃなくなるのです。

CAUTION
※因みに料金プランや通信制限など契約に関する基本的な事項は、WiMAX2+回線の管理元、UQコミュニケーションズが決定し、提携プロバイダはそれに従います。もちろん違約金の規約についても同様です。

UQ WiMAXの違約金


たとえばWiMAX回線の公式、UQ WiMAXですと

解約時期 解約費用
12ヶ月以内 19,000円
13~24ヶ月以内 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円

19,000円!!! かなり高額ではないですか!?!?

ご覧のように契約期間ごとに3段階の違約金が設定されており、中でも1年以内に解約すると19,000円というかなり高額な解約費用が発生しました。

また上記金額はUQ WiMAXだけでなく、WiMAXプロバイダの中でも大手のビッグローブやソネット、Broad WiMAXあたりも上記のUQ WiMAX同様の違約金が設定されていました。

GMOの違約金はさらに高額w


しかしながらUQ WiMAXの違約金で驚いてはいけません。他の主要WiMAXプロバイダの公式ページをチェックしてみたところ、人気プロバイダの1社「GMOとくとくBB」では…

解約違約金につきましては、下記の通りです
端末発送月とその翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:24,800円(税抜)
25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円(税抜)
公式 GMOとくとくBB

なんと…GMOではさらに高額な24,800円!!

GMOまで大手となると、独自に高額な違約金が設定できるという事実も驚きですが、それ以上に衝撃なのは

1ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合

という部分。通常は1年以上つかうと違約金も安くなるはずの違約金ですが、GMOの場合1~24カ月、25か月目以降という2段階で独自に決められていました。

違約金が高いのはなぜ?
そもそもYモバイルのポケットwifiなどと違い、WiMAXプロバイダの大部分は最新端末をプレゼントしてくれます。
そのため数か月で解約されたらモバイルルーター料金が完全にプロバイダの赤字となるため、端末代の保険んとしてこれらの違約金制度を設けているのです。

次項ではスペースWi-Fiの激アツっぷりを余すところなくお伝えしていきます!

【まとめ】1カ月だけwi-fiが欲しいなら超格安WiFi!

ちなみに1年程度かり続けた場合でも、選ぶWiMAXプロバイダによっては超格安WiFiの方がずっとお得なケースもあり、卒業を控えた大学生の方、長期的なお仕事の予定が不明確な方など期間限定でWiFiが必要な方にとって超格安WiFiはおすすめです。

当記事を参考に、アナタの目的に合ったポケットwifiをお得にレンタルしてみてくださいね!!


WiFi2you編集部

イーモバ、旧WiMAX回線などモバイル回線黎明期から愛用している根っからのモバイル回線愛用者。 今現在はSoftbank光回線&WiMAX回線のポケットwi-fi、さらに事務所用に置き型WiFiを契約中。わかりづらい回線選びの基準やお得な申込先を比較・ご提案します。