「家族みんなでつかえる自宅用のお得なWi-Fiはどれ?」

もしかして家族みんなで無制限につかえるコスパのいい自宅用wi-fiをお探しですね?

ここでは光回線のような大袈裟な工事も不要で、無制限に家族でつかえる自宅用「置くだけwi-fi」を徹底比較し、月額費用が1番お得な会社を探してみました。

ココがポイント
  • 置くだけwi-fiなら光回線より月額も安く工事も不要
  • 中でもソフトバンクエアーとWiMAX「L02」がおすすめ
  • じっくり比較したらWiMAXの方が安い上に快適だった

結論から先にいうと「おうちのWiFi」として売り出し中のSoftbankエアーにくらべ、WiMAX回線の置くだけwi-fiの方が、はるかにお得かつ快適でした。

自宅用wi-fiのコスパNO1をみる

【結論】家族みんなで接続するなら無制限で使い放題のWiMAXが正解!

L02とL01s

UQスポットで実機も比較してきました♪

結論からいうと光回線やSoftbankエアーにくらべWiMAXの置くだけwi-fiが1番おすすめです。

以下、WiMAX回線が他回線よりもオススメできる3つの理由を説明した上で、WiMAX回線の中でも家族用に1番おすすめできる端末をご紹介します。

自宅用ならWiMAXの置くだけwi-fiが最適な3つの理由

2021年9月現在、沢山の置くだけwi-fi(ホームルーター)が販売されていますが、中でもWiMAXのホームルーターが1番おすすめという理由は以下の3つ。

  • 通信速度・wi-fi機器の同時接続台数
  • 月額料金の安さ
  • 契約期間縛り、通信制限のユルさ

下り最大の速さ・通信制限などのスペック、キャンペーンをふくめた特典や月額料金の安さ、さらに利用者のクチコミ・評判…あらゆる面でソフトバンクエアー等の置くだけwi-fiを上回っていました。

TIPS
家族中のスマホやタブレットを接続する置くだけwi-fiは、金額の安さだけじゃなく同時接続台数、月間データ容量が無制限か? などトータルバランスで選ぶのがポイントです!

ソフトバンクエアーとWiMAXの置くだけwi-fiを徹底比較

「でも自宅用のwi-fiだとソフトバンクエアーの方が有名では?」という方。WiMAXとソフトバンクエアーで何だどれだけ違うのか、ひと目でわかるように一覧比較してみました。

WiMAX L02 ソフトバンクエアー
メリット 最安なら月額3,411円で無制限
通信速度1Gbps
通信制限が明確
申込先がシンプル
SoftBankスマホなら微妙に割引あり
デメリット プロバイダが多く選ぶのが大変 月額4,880円~と高め
端末が3年間の月賦購入
通信制限が曖昧

結果、下り最大の通信速度、通信制限の基準、端末価格…とあらゆる項目において「ソフトバンクエアー」よりもWiMAXの「L02」が上回っていました。つまり家族向けwi-fiの1番おすすめはWiMAX。

イチオシのホームルーターはどれ?

またWiMAXのホームルーターも数種類が販売されており(旧モデル含む)、微妙に申し込みプロバイダによって在庫も変わります。 そこで編集部がイチオシの機種を発表します。

ズバリこちら。

WiMAXのL02

ズバリ、WiMAXのL02をおすすめします。L02については別記事でも詳しく解説しました。

【L02は買い!?】L01s、HOME01と比較して納得!選ぶべき3つの理由と最安申込先

このようにWiMAXをふくめた全ホームルーターの中で、唯一ギガスピードを突破した2019年の最新型ホームルーターです。掲示板やSNSの評判も上々なので迷った場合はL02が正解です。

端末を分割で購入するソフトバンクエアーと違い、WiMAXなら端末は基本無料な上に最安プロバイダのBroad WiMAXあたりなら月額2,726円~3,411円から使えます。

BroadのWEB割引ページ

TIPS
SoftBankスマホユーザーさんの中には面倒なのでソフトバンクエアーを契約する方もいますが、SoftBankスマホでも他社スマホでも総額なWiMAXの方がずっとお得です!

次項ではさらに詳しく他の「比較対象となった回線」や最終的にWiMAXのL02が選ばれた「理由」についてご説明していきます。

比較対象となったネット回線


まず自宅でWi-Fi環境をつくるために必要なネット回線の有力候補となるのが

  1. フレッツ光・auひかり等、光回線
  2. ADSL回線
  3. ポケットwifi、WiMAX等のモバイルWi-Fi

以上の3つ。

で、肝心な『大掛かりな工事があるのか!?』 『回線が開通するまでどのくらいかかるのか!?』という部分をみてみると…

回線の種類 開通までの期間
1位 WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi 最短翌日(通常2~3日)
2位 ADSL 早くて1週間~
3位 フレッツ光・光コラボなど光回線 早くて2~3週間(nuro光は1ヶ月以上)

このような結果に。

一位のモバイルWi-Fiが早ければ翌日開通とダントツなのに対し、一番遅かった光回線だと繁忙期やお住まいの地域の状況によって2ヶ月待つこともザラにあります。

残念ながら『今すぐWi-Fiが欲しい!!』という条件はクリアできないため、今回のテーマに関しては脱落とします。

通信速度に問題のあるADSL回線…

一方、開通までの期間はそこそこのADSL回線。

これはひと昔前に一世を風靡したネット回線でご存知の方も多いと思います。嬉しい部分として金額的には最安級なのですが…

  1. 通信速度が遅く今の時代のWi-Fi機器だと厳しい!!
  2. 自宅に電話回線をお持ちでない方だとお得感が下がる!!
  3. 数年後を目途に回線そのものが廃止される!!

これらの理由、とくに①は致命的ですよね。比較すれば一目瞭然ですが、光回線やモバイルWi-Fiとくらべて通信速度がこんなに遅いのです。

回線の種類 下り最大の速度
1位 フレッツ光・光コラボなど光回線 1GB(nuro光は2GB)
2位 WiMAX、Y!mobileなどポケットWi-Fi 1.2Gbps(WiMAXの最新端末W06利用)
3位 ADSL 12Mbps

よって今回はADSL回線も候補として外させてもらいました。

つまり自宅用Wi-Fiとして最強なのは…モバイルWi-Fiに絞られました。

置くだけwi-fiに絞り込んで比較したみた結果

家族でつかえる自宅用Wi-Fiとしてピッタリな『置くだけWi-Fi』。今度は各種あるモバイルWi-Fiの中から『Wi-Fiが使い放題』という条件で絞っていきます。

キャリア名 Wi-Fi使い放題プランの有無 月額料金
DoCoMo  なし  —
au あり(WiMAX 2+フラットfor DATA EXまたはfor HOME) 4,880円
ソフトバンク  あり  3,996円(Airターミナルを割賦購入の場合)
ポケットwifi(Yモバイル) あり( ポケットwifiプランL)  4,380円
WiMAX  あり(ギガ放題プラン)  3,411円(ブロードワイマックスの場合)

ご覧のようにギガ数に応じた料金プランの設定しかないDoCoMoは残念ながら脱落となります。

次章でさらにau、ソフトバンク、Yモバイル、WiMAXをガチ比較してみます。

『お得な料金』の自宅のWi-Fiルーターで絞り込んでみた結果

最安値のプロバイダを調査

今度は条件1、2をクリアしたau、ソフトバンク、Yモバイル、WiMAXの4つのキャリアを『お得な料金』という視点で比較してみます。

マジか…端末を割賦購入させるソフトバンク

まず月額料金が高いとか安いの問題の前に、当ブログ的には端末をレンタルまたは割賦購入から選択させるソフトバンクは脱落です。使い続けていれば端末価格を割引してもらえるため実質無料というふれこみですが、いかにもスマホキャリアのやり口です。

そもそもルーターの価格設定も高すぎですし、回線の契約が2年なのに端末代金の返済は3年間続きます。結局はもう一回ソフトバンクと契約して計4年の縛り期間となってしまいます。なのでソフトバンクは脱落。

嘘やろ…同じサービスなのに料金高めなau

また利用する回線が『4G LTE』と『WiMAX2+』にもかかわらず、多くのWiMAXプロバイダより料金設定が高めのauもこの条件を満たしていません。

またauスマホのユーザーさんならお得な料金設定ではありますが、このあたりもUQ WiMAXをはじめWiMAXプロバイダでもauスマホのユーザーさん向けの割引があるのデメリットになりません。

よってここで脱落となります。(参考:【au限定】2019年版 ポケットwi-fiおすすめ機種はコレ!! 最強のWiMAXルーターはこれだった

結果、おすすめの自宅Wi-Fiルーター端末と申し込み先は!?

よっしゃぁ1番はこれだー

というわけで『今すぐ家族でつかえる自宅用Wi-Fi』の3つの条件を満たしたキャリアは

  1. Yモバイル(ポケットwifi)
  2. WiMAX(UQ WiMAX、GMOとくとくBB、ブロードワイマックス等)

この二つに絞ることができました。

で、さらに突っ込んでYモバイルとWiMAXをガチ比較してみると以下のようになりました。

エリアの広さ 全国99%(人口カバー率) 全国99%(人口カバー率)
スピード(最大速度) 612Mbps 1.2Gbps(最新機種)
月額料金(サービス期間をのぞく) 4,380円
※3年のお得割選択時
3,411円
※Broad WiMAX加入の場合)
速度制限 3日で10GB
※ポケットWi-FiプランL
3日で10GB
※ギガ放題プラン
端末価格 40,000円程度(分割払い) 基本0円
事務手数料 3,000円 3,000円
契約期間 2年契約
※端末返済のため実質3~4年
3年
※一部2年もあり

月額料金もけっこう違うだけじゃなく、端末価格もWiMAXは完全無料なのにくらべYモバイルは分割支払いと2年間でけっこうな料金の違いがでました。

また今回のポイント、『自宅用Wi-Fi』という要件を思いっきり満たしているWi-FiルーターはじつはWiMAXにしか用意されてなく、最終的にはWiMAXの一択という結論になりました。

【ダメ押し】通信制限の基準が曖昧すぎるソフトバンクエアー

また通信制限に関してもソフトバンクエアーとWiMAX「L01s」では大きく違います。

WiMAXの場合、月間上限なしのギガ放題プランを選ぶことで、3日で10GBを突破しない限り勝手に制限されることはありませんが、ソフトバンクエアーの場合・・・

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
出典:SoftBank Air の速度制限などについて

そう…自分が使い過ぎたワケでもないのに勝手に通信制限がかかることもあります。

じっさい夜間に原因不明の通信速度が頻繁に起こるソフトバンクエアーに関して苦情のようなクチコミも多数発見できました。

【最終結論】家族でつかえる自宅Wi-FiはWiMAXのL02!!

「ソフトバンクエアーよりWiMAXが安くて快適」という事実をふまえ、今度はWiMAXの機種選び。編集部がWiMAXのホームルーターを比較した結果、おすすめ自宅wi-fiは…

 

Speed Wi-Fi HOME L02!

ズバリこれです。

一般的なポケットwifiやWiMAXのルーターが持ち運びを前提としたモバイルルーター・タイプなのにたいし、ホームL02はホームルーターという自宅専用の機種。

サイズ的にも据置型なので大きい分、内臓アンテナも強力でモバイルルータータイプよりもバリバリ受信します。もちろん自宅や事務所でつかう前提で作られているため同時に接続できるWi-Fi機器も40台と別格。

TIPS
編集部も約2年半、こいつの旧モデルL01sを使い続けていますが、一度も不具合やブチブチ途切れた経験もなく優秀なパートナーです。まさに家族みんなで自宅Wi-Fiをするための機種です

L02を最安値でゲットするならココ!

「L02をどこで申込むのがお得?」
 L02が無料かつ月額費用がお得な会社を編集部が絞り込んでみました。

WiMAX
プロバイダ
実質料金(3年総額) キャンペーン内容
(申し込み時期)
受け取れた場合 受け取れない場合
120,160円 155,160円 35,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
131,626円 3段階の月額割引
135,668円 3段階の月額割引
133,320円 一律の月額割引
129,310円 159,310円 30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後

迷ったら上記5社から申込んでおけば間違いありません。どこも月額料金が安い上に特典も豊富です。

しかしながら、さらに厳しい条件でプロバイダを絞り込んでみると…

特典 こんな方におすすめ
未確定
(※貰えない人が6~7割)
何が何でも最安値
1年後の手続きもOK
確定
(月額割りなので自動的)
安い+確実に特典が欲しい
万一の途中解約も自腹は嫌

確実にキャッシュバック手続きができる人ならGMOとくとくBB。

GMOとくとくBBを詳しく見る

1年後の手続きに自信がない…こんな人は自動的に月額料金から割引を続けてくれるBroad WiMAXが安心です。

BroadのWEB割引ページ

TIPS
キャッシュバックの手続きが不安なら月額割引のBroad WiMAXあたりが当ブログのおすすめ。特別な手続き不要で特典がゲットできるため確実にキャンペーン割引が適用されます。

まとめ

今回、ご家族のスマホやタブレット、PS4やらニンテンドースイッチなどのWi-Fi端末が増えすぎて収拾がつかない方におすすめのWi-Fiルーターをご紹介いたしました。

Wi-Fiルーターをはじめインターネット回線選びとかって、ネット上でも難しい専門用語とかバンバンでてくるため、最終的には『これでいっか…』とテキトーに選びがちですが、契約期間は基本2年とか3年もあるんですよね。

もし契約後に納得できなくても、わけのわからない高額な違約金とか契約解除費用など請求されるので面倒でもきちっと選んでおいた方がいいです。

セーフティーネットとして解約時の違約金負担の会社を選んでおく!!

それでも選ぶのに自信のない…って場合は、とりあえず途中解約しても違約金とか生じないような会社から選んでおくってのも賢明な選び方だと思います。

今回でてきたブロードワイマックスなんかは、WiMAXプロバイダとしては唯一の『乗り換え時の違約金負担』を掲げています。当ブログも契約中ですが万が一の乗り換えでも費用を負担してもらえるってホント安心できますよ…。

というわけで2018年の家族でつかえる自宅用Wi-Fiの大本命はWiMAXのホーム L02!!

しっかり選んでガッチリ無料でゲットしておきましょう!


WiFi2you編集部

イーモバ、旧WiMAX回線などモバイル回線黎明期から愛用している根っからのモバイル回線愛用者。 今現在はSoftbank光回線&WiMAX回線のポケットwi-fi、さらに事務所用に置き型WiFiを契約中。わかりづらい回線選びの基準やお得な申込先を比較・ご提案します。