【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

「本当にWiMAXって快適にネットできるの?」
「できれば契約前に使い心地を試してみたい!」

もしかしてWiMAXを契約したいけど快適に受信できるか心配で躊躇していませんか?

途中解約すると違約金の発生するWiMAXはクチコミ情報だけを信じて契約するのは危険です。
ここではWiMAXプロバイダで契約する前にお試しでWiMAXが使える3つの方法を内緒でお教えします!

CAUTION
本契約する前にWiMAXを試す方法には無料~有料まで様々な選択肢があります。 受信エリアの確認、通信速度は十分?どれだけ使うと通信制限にかかるの?など気になる内容に合ったお試し方法を選択しましょう。

実質お試しのできちゃうプロバイダをみる

【結論】WiMAXお試し方法3選 何が知りたいかで試す方法は違う!!

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

結論から先にいうと、GMOやUQ WiMAX等のWiMAXプロバイダで本契約する前に、WiMAXの使い心地を手軽にお試しできる方法は以下の3つ。特徴とおすすめのタイプを一覧でまとめてみたのでご覧ください。

お試し期間 料金 お試しの目的
TRY WiMAX 2週間 無料 WiMAXの受信状態や使い心地
短期レンタルwi-fi 1泊2日~ 400円~/日 TRY WiMAXには無い最新機種の使い心地
長期レンタルwi-fi 最低1ヶ月~ 3,780円~/月 通信制限や月間データ容量の上限が知りたい

シンプルに自宅でサクサク受信できるか知りたい方や、WiMAXで動画が途切れず観れるのか知りたい方は無料のTRY WiMAXで十分。

逆にTRY WiMAXでは在庫切れ、またはラインナップされていない端末の使い心地が知りたいならば、日割り計算で1泊からレンタルできる短期向けレンタルが最適です。

最後に「通信制限にかかるとどうなるの?」「自分が1ヶ月どれだけギガを消費するのか調べたい」という方は契約期間の縛りなく1ヶ月単位でレンタルできる長期むけレンタルwi-fiがおすすめです。

以下、各お試し方法をさらに詳しくお伝えします。

WiMAXのエリア確認ならTRY WiMAXが最適

まず最初に、WiMAX2+を契約する予定だけど、ちょっぴりエリアや受信状態が心配という方にむけ申し込む前に完全無料で確認する方法を2つご紹介しておきます。それが

  1. ピンポイントエリア判定
  2. TRY WiMAX

とよばれる2つのサービス。すでにご利用されている方もいるかと思いますが、念のためもうちょっと詳しく解説していきます。

自宅はWiMAX回線の対応エリア? ピンポイントエリア判定

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

まずWiMAX2+回線を申し込む前に、絶対に忘れちゃいけないのがこちら。

事前にご自宅や職場、学校等が受信可能エリアなのかをウェブ上でかんたんに確認できるサービスとなります。

都市部に関してはこういった感じで

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

ほぼ対応エリアと考えてもらって構いせん。ほぼ100%に近いエリアをカバーしています。ただ微妙に郊外にお住まいの方は事前に確認しておいた方がいいでしょう。

 

このピンポイントエリア診断を行い、◯(対応エリア)だったのにも関わらず受信状態が悪い場合、プロバイダによっては救済措置として解約サービスを受けれるケースもあります。

またエリア診断の結果が微妙な場合も、慌てる必要はありません!

日々、アンテナ基地局を増やしてエリア拡張に精を出すWiMAX回線、じっさいには対応エリアになっているケースもあります。

その意味も含めてとりあえずピンポイントエリア判定で最新の情報をチェックしておきましょう!

ピンポイントエリア判定はこちら

無料でお試し!2週間試せるTRY WiMAX

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

ピンポイントエリア診断は、ウェブ上でざっくりとWiMAXが受信できそうかなーと確認する方法にたいし、こちらのTRY WiMAXとは、じっさいにUQ WiMAXから端末(ルーター)を借りてリアルに使ってみる方法。

端末発送~2週間と実質つかえる期間は12~3日という期間限定ではありますが、リアルに自宅や学校、職場にもちこんで受信状態や速度を確認できるのは嬉しいサービスですね。

貸出端末(ルーター)についても

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

さすがUQ WiMAX、現行モデルの人気端末が無料です(もちろん2週間の通信料も無料)。

お住まいのエリアが微妙な方、職場がオフィス街などビル群の中、通勤・通学で地下鉄など頻繁に利用される方はリアルに試してみるのが1番ですよ!
TRY WiMAXの申込みはこちら

日割り計算の短期レンタルwi-fiで最新端末の使い心地を知る

「TRY WiMAXは無料で魅力的だが、気になる端末がいつでも在庫切れ…」

という方だったら日割り計算で借りれる短期向けレンタルwi-fiがおすすめです。

他にもWiMAXとY!mobile、ソフトバンクのポケットwi-fiなど複数回線の端末をまとめて複数台レンタルして使い勝手を比較してみることも可能。

TRY WiMAXと違いレンタル料金はかかりますが、自分の環境に合わない回線を3年間使い続けることを考えれば、長い目で見てお得ではないでしょうか。

ちなみに短期レンタルwi-fiの中でも数日間レンタルで料金のお得なレンタル会社は以下の通り。

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介 【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介 【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介
日額 432円 550円 480円
機種 WiMAX:WX03 WiMAX:WX03 WiMAX W04
往復送料 発送540円返却:お客様負担 往復1,080円 往復990円
延長の場合 らくらく延長システム 通常の追加料金 通常の追加料金

※なるべく同じ条件で比較するためレンタル機種をWiMAX端末(最新をのぞく)で計算

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

基本のレンタル料金はwi-fiレンタルどっとこむが約30円/1日ほどお得で、さらに延長してしまった場合にそのままプランが継続され高額な追加料金が発生しない「らくらく延長システムまで用意されていました。よっては編集部WiFiレンタルどっとこむをイチオシします。

WiFiレンタルどっとこむ公式ページ

月間容量や出先の繋がりやすさを調べるなら月契約レンタルwi-fi

WiMAX契約の際、通常プランとギガ放題プランの2つから選択しますが、その基準となるのが…

「自分は1ヶ月どのくらいギガを消費しているのか?」

という部分。スマホはもちろん自宅のPCやタブレットなど…月間のデータ消費量を把握するには月契約のレンタルwi-fiでWiMAXを1~2ヶ月試しに使ってみるのが1番。

ポケットwi-fiの中には契約期間内、プラン変更のできない会社や変更すると割高になる会社もあるため、事前に調べておけば安心ですね。ちなみに月契約でお得だったレンタル会社は以下の社、まとめて料金比較してみたのでご覧ください。

スペースwi-fi JPモバイル Famifi 超格安WiFi
月額料金 3,680円 3,480円 3,980円 3,780円 最安
レンタル機種 旧モデル 旧モデル 旧モデル 最新機種
回線の種類 WiMAX・SoftBank SoftBankのみ WiMAX・SoftBank WiMAX・SoftBank
諸費用 初期費用解約費用すべて0円 初期費用4,000円 初期費用3,000円解約費用5,000円 初期費用解約費用すべて0円
初月の総額 3,680円 7,480円 10,480円 3,780円 最安
3ヶ月の総額 11,040円 17,440円 16,940円 9,900円 最安
6ヶ月の総額 22,080円 27,880円 28,880円 19,800円 最安
公式ページ SPACE Wi-Fi JPモバイル Famifi 超格安WiFi

結果、月額料金、初月の総額、3ヶ月の総額、6ヶ月の総額、すべての項目において「超格安WiFi」が主要民泊wi-fi3社より安くてお得という完全勝利をおさめました。

月間100GB使い放題!超格安WiFi

最安値はもちろん、最新端末もある!!
今回、圧倒的勝利をおさめた「超格安WiFi」は民泊wi-fiというカテゴリーでは無いものの、月契約できるレンタルwi-fiという面ではほぼ一緒で、料金も断トツにお得な上、レンタルにもかかわらず最新端末まで用意しているというパーフェクトなレンタル会社だった。

【裏技】試して問題なければWiMAXを契約したい…そんな方は

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介
「速度やエリア、使い勝手が気になるけど、たぶんWiMAXに申し込むつもり」

といった、事前にお試し体験して普通に使えたらときはそのまま契約したい…こんな方の場合、TRY WiMAXやレンタルwi-fiよりも、解約時の違約金負担サービスのある会社と契約するという裏技もあります。

契約後、一定期間は無料で解約(キャンセル)可能なプロバイダ一覧

「とりあえずキャンセル可能なプロバイダで申込んで試してに使ってダメならキャンセルしようかな…」そんな裏技のつかえるWiMAXプロバイダも例外的にあります。

では20社以上あるWiMAXプロバイダを片っ端から調べてみつけた、一定期間内のキャンセルが可能なプロバイダを紹介したいと思います。結論からいうと

ブロードワイマックス
GMOとくとくBB

初期のキャンセルが無料でできる上に料金プランやキャッシュバックが高額、こんな2つの条件をクリアしたプロバイダは僅か2つだけでした。

期間やキャンセルの手続きはプロバイダ独自で決めています。1つずつみていきましょう!

GMOとくとくBBのお試し期間

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

GMOとくとくBBならWiMAXのご利用が初めての方も安心!
WiMAXにご満足いただけない場合、お申込みから20日以内であれば解約違約金無料でキャンセルができます。
出典 GMOとくとくBB

と公式サイトにも大きく記載されているように、GMOとくとくBBなら申込み~20日以内なら通常の契約解除費用が発生しません。

ただし

  • UQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定のお申込みの住所が「○~△」「△」「×」の場合は、20日以内にキャンセルいただいても解約違約金の負担はいたしません。
  • ご解約・ご返品の前に事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨をご連絡いただいた場合に限ります。
  • 事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料のご返金などはございません。

これらの条件をクリアしていない場合は解約費用は普通にかかります。GMOとくとくBBを利用される方は少々注意が必要かもしれません。以下の公式サイトでも詳しく記載されているのでご確認ください

GMOとくとくBBを詳しく見る

ブロードワイマックスのお試し期間

一方、月額料金が最安級というブロードワイマックス。こちらはキャンセル可能なお試し期間がGMOとくとくBBにくらべちょっぴり短めの8日以内。

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

 

初期契約解除制度

回線契約をしたものの、自宅では電波の入りが悪く正常にサービスを利用できないといった場合、端末を返品して回線を解除できるようになった。(クーリングオフに似た制度)

このようにクーリングオフのような制度で、端末到着~8日以内にキャンセルを申請し、申請から7日以内に以下の5点を確実にブロードワイマックスへ返送してください。

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

はじめてのWiMAX2+という場合、大部分の人は速度やエリアに不安があるものです。

そういった不安や心配が引っかかって申し込む踏ん切りがつかない人も多いです。この手のサービスがあればユーザーさんも安心して申込みが出来ますね!

ブロードワイマックスのキャンセル制度については以下の公式サイトで詳しく解説されています。ぜひ申込み前に確認しておきましょう。

BroadのWEB割引ページ

【裏技】試すどころか半年後、1年後でも解約金なしでキャンセルする方法!

ここまで段階的にWiMAXを無料でお試しする方法を紹介しました。

どれもWiMAXの速さやエリア、繋がりやすさを試して確認できる方法として利用価値が高いのでぜひご活用ください。

ただ中には

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”hatena.png” name=” ” ]もっと中長期的にWiMAXを試してみたい!たとえば半年間とか利用してキャンセルする方法ないの?

こんな欲張りな方もいるのではないでしょうか。

 

・・・

・・・

あります!! そんなプロバイダありましたっ

そんなワガママなアナタにピッタリのプロバイダについて以下で解説しておきます。

いつでも解約できて費用も負担してくれるプロバイダ!

スバリ結論からいいますと、契約期間中いつでも解約した場合に解約費用(違約金)を負担してくれるプロバイダは
【ブロードワイマックス】
ここだけでした。

正確にいうと【解約】というより【乗り換えによる解約】の場合、プロバイダがアナタのかわりに費用を負担してくれます。

もうちょっと詳しく解説していきます!

ブロードワイマックスのご満足保証は解約費用がゼロ!

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

公式サイトではあまり大々的に宣伝されていませんが、ブロードワイマックスにはご満足保証というサービスがあります。

このサービスが適用されるパターンとしては

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

こんな風に『WiMAXが思ったほど快適じゃなかった』、または『他のモバイル回線にすればよかった』などのパターン。

大切なポイントとして、ブロードワイマックスが指定する他のインターネット回線に乗り換える場合、違約金はゼロになるということ。

参考までに、ブロードワイマックスが指定するインターネット回線は以下になります。

【ワイマックスを試しに使ってみたい!!】契約なしで無料で試せる3つの方法を紹介

さらに特筆すべきは『契約中ならいつでもOK』という部分。

サービス開始から半年後でも1年後でも、解約時期は問わないという太っ腹なサービスなのです。

とりあえず半年だけお試しで使って、ダメならヤフーBBとかひかり回線にしよっかなーという方には利用価値がめちゃくちゃ高いサービスです。

いろいろな申込み先がありますが、ブロードワイマックスに関しては公式サイトから申し込むのが確実にお得かつ安心です。お気をつけ下さい。

BroadのWEB割引ページ

【まとめ】

今回、一定期間、完全無料でWiMAX回線をお試しする方法にはじまり、暫定的に契約してお試しでWiMAX2+を使ってダメならキャナセルする方法。

さらに裏技として、いつでも解約して乗り換えの違約金まで負担してくれるプロバイダについてもお教えしました。

まだWiMAX2+にするか、ひかり回線にするか五分五分の段階…使用感が知りたい

→まずはTRY WiMAXで無料で2週間使って様子をみる

ほぼほぼWiMAX2+にする予定。ただ速度やエリア、速度制限なんかが不安

→初期解約が無料のGMOとくとくBBとかブロードワイマックスあたりで申し込む

TIPS
半年後、1年後には引っ越しや環境がかわる可能性もあるのでフットワークの軽いプロバイダがおすすめです!

→迷わずブロードワイマックスで申込み、他社への乗り換えの選択肢を残しておく

BroadのWEB割引ページ

ぜひ当ページを参考に、自分に合ったプロバイダをみつけてWiMAXを使い倒してみて下さい!

The following two tabs change content below.
アバター

編集部 OMOTO

イーモバ、旧WiMAX回線などモバイル回線黎明期から愛用している根っからのモバイル回線愛用者。 今現在はSoftbank光回線&WiMAX回線のポケットwi-fi、さらに事務所用に置き型WiFiを契約中。わかりづらい回線選びの基準やお得な申込先を比較・ご提案します。