MENU

【一人暮らしむけwi-fiを比較】SoftBankより安くて快適なのはWiMAXだった

2022 10/19
【一人暮らしむけwi-fiを比較】SoftBankより安くて快適なのはWiMAXだった
編集長編集長 大学進学や就職で実家を離れるなど一人暮らし用のWiFiをお探しの方へ。 「光回線とモバイル回線どっちがおすすめ?」「SoftBankとWiMAXどっちがいい?」各種ネット回線を比較した上で、一人暮らしの方に1番お得なwi-fiを決定します!
ココがポイント
  • モバイル回線なら最短2日で開通できる
  • モバイルルーターを持ち歩くことでスマホ料金の節約も可能
  • 工事不要なので初期費用や撤去費用もかからない

一部の大容量ファイルを仕事でやり取りする方や動画を1日5~6時間は視聴する人をのぞき、一人暮らしなら圧倒的にコスパの高いモバイル回線がおすすめです。中でも通信制限が甘く月額の安いWiMAXが一人暮らし向けには1番おすすめ回線でした。

一人暮らし用wi-fi最安値は?

タップできるもくじ

一人暮らしのネット環境はひかり回線じゃない!モバイルルーターが最適な理由とは?

編集長編集長 「なぜ一人暮らしに光回線はおすすめできないの?」 一人暮らし用wi-fiとして光回線とモバイル回線で迷っている方にむけ、双方のメリットやデメリットを比較した上で光回線がおすすめできない理由をお教えします!

光回線が一人暮らしの人にオススメできない理由

  • 開通までに時間がかかる
  • けっこうな工事費用が発生する
  • そもそも月額料金が高い
  • あくまで自宅でしか使えない

パッと思いついただけでも上記のようなデメリットが思い浮かべることができます。たぶんじっくり考えればもっとあると思います。では各項目をみていきましょう

理由① 光回線は開通までに時間がかかる

まずフレッツ光や光コラボ等のひかり回線、ウェブや窓口から申し込んでから、じっさいに開通してネットができるまでに普通に1~2か月という期間を要します。

 

一般的なひかり回線の開通までの流れ

 

そもそもひかり回線の場合、けっこう大掛かりな工事が必要(外壁に穴あけする場合もあり)なんですね。

なので工事の内容や工事業者の確認、工事の段取りなど、じっさいの工事までにやるべき内容も多く時間を要します。

編集長

工事の内容によっては外壁に穴あけ工事など生じる場合、不動産業者、物件の大家さんに事前の確認という面倒なやりとりも生じます!

 

理由② 光回線は工事費用が発生する

当たり前の話ですが、工事業者が自宅にひかり回線を引き込む工事には工事費用(1~2万円)が発生します。 こういった感じで

ひかり回線を引き込む条件や賃貸物件の構造などにより、工事費用は上下し、高所作業や回線の引き回しによって追加料金が発生するケースもあります。

じっさいに依頼してみないと工事の総費用がハッキリしない!という部分にも注意しておきましょう。

もちろん、ひかり回線の引き込み工事には自分も立会う必要があるのが予定がキツキツの人にはこの辺りもネックになってくるでしょう。

理由③ そもそも光回線は月額料金が微妙に高い

回線の種類 実質費用
1位 ADSL 2,857円(YahooBB ADSLで固定回線がない場合)
2位 WiMAX、YモバイルなどポケットWi-Fi 3,501円
(ブロードワイマックスのギガ放題で2年契約)
3位 光回線 4,158円(ソフトバンク光でファミリータイプ、キャッシュバック・乗り換え割適用)

またWiMAXなどのモバイルWi-Fiと比較してしまうと、高額なキャッシュバックを受け取ることができたとしても、月額費用が微妙に高くつきます。

たとえば毎月、ひかり回線によって1,000円ずつ余計に出費している場合、4年間にわたって支払いをすれば48,000円!けっこうな金額差がでてきますね。

なのでアルバイト等で生活費をやりくりしている大学生や専門学生さんは、少しでも月額料金の安いネット環境を選んでおくべきです。

理由④ あくまで自宅でしか使えない

そもそも光回線=固定回線なので当たり前ですが、自宅だけでしか利用できません

つまりスマホやタブレット等で自宅ではWi-Fi接続が可能ですが、一歩外にでればまったく圏外でスマホのギガに頼ることに。結果、スマホのギガばかり消耗し、月末を待たずして通信制限になる人も少なくありません(参考:【ギガが減る!】ギガが足りなくなる原因とギガを節約する4つの対策まとめ

なので学校や職場で頻繁に動画を観る方、通学中や通勤電車で通信タイプのゲームやアプリをガシガシ使う人はひかり回線とは別に、スマホのギガ(パケット)を大容量にしておかないとなりません。

たとえば光回線の月額費用+スマホの高額なパケットプラン(ウルトラパック20、スーパーデジラやギガモンスター等)とWの出費でけっこうな金額になってきます。

しかしながらモバイル回線ならば、外出中もスマホにwi-fi接続できるため、スマホのギガを節約できる上、スマホより高速通信なのでストレスフリー。結果、出費もストレスも減るというメリットも。

一人暮らしなモバイルルーターが最強!という3つの理由

ここまでの説明で、一人暮らしを始める人にとって光回線はあんまりオススメじゃないという部分はわかってもらえたと思います。

そこで今度はぜひ生活に取り入れて使い倒してもらいたいモバイルル回線についてメリットお伝えします。

まず光回線とモバイル回線を分かりやすく一覧表で比較してみたのでご覧ください。

光回線 Wi-Fiルーター
下り回線速度 最大1Gbps
(nuro)
最大440Mbps
LAN環境 基本的に有線LAN 無線LAN(有線LANも可)
開通工事 必須 不要
開通までの期間 3週間~4週間 最短翌日~4日
月額料金 6,000円程度 5,000円以下から選択可能
容量制限 プロバイダーによっては容量制限あり 無制限
※通信制限がある機種もございますので
無制限の機種をご選択下さい

 

 

そう。この比較表をみれば一目瞭然ですが

  • 初期費用をふくめトータルで費用が大幅に安くおさえられる
  • 外出時に持ち歩くことでスマホ料金もガッチリ節約できる
  • すぐに開通できる上、万一の引越し時でも無駄な出費がかからない

モバイルルーターにはざっくりと、こういったメリットがあります。
では次項でさらに1つずつ詳しく解説していきます。

初期費用をふくめトータルで費用が大幅に安くおさえられる!

まずWiMAXなどモバイルルーターの大きな特長。

開通にあたっていっさいの工事が不要!

モバイルルーターの場合、申込み~開通までは以下のようなとってもシンプルなステップです。

つまり1~3日程度で端末が届き次第、5分で設定完了、ネット環境がスタートできます。

よって工事はもちろん工事費用も0円、工事打ち合わせも工事立会いもなし。

外出時に持ち歩くことでスマホ料金もガッチリ節約できる!

WiMAXのようなモバイルルーターを持ち歩くことで、学校でも職場でもバイト先でもどこでも一切気にせずガンガンネットが使えるんです!

 

それってつまり

スマホのギガを減らさずに節約できる!

ということなんです。

 

ちなみにdocomoやau、ソフトバンクの大容量パケットプランだとしても20~30GBという通信制限はありますが、WiMAXのギガ放題プランなら、月間のデータ通信量が100GB以上も使えます。

 

約6,000円程度の20GBプランの5倍以上もデータ通信ができちゃう上に、月額費用が4,000円以下!

スマホで毎月ギガがヤバイ…、ギガが減ってどうにもならん…という人こそ、モバイルルーターがオススメ!

すぐに開通できる上、万一の引越し時でも無駄な出費がかからない!

商品がようやく届いた

また一人暮らしを始める場合、引っ越しや新居の家電を揃えたり、出費も多くやることも多いですね?

そんなタイミングでひかり回線に申し込んでしまえば、最悪1~2ヶ月間、自宅にネットがない環境で過ごすなんてパターンもあるでしょう。

なかなか引っ越しの1~2か月前にネット回線の申込みをスタートする人なんていませんよね。

ちなみにWiMAXなどのモバイルルーターなら、プロバイダが決まれば最短翌日に手元に端末が届きネット環境が利用できちゃいます!使えない期間がありません!!

また開通に工事をともなわないということは、撤去の工事も不要…つまり引越し時に撤去費用もいっさいかかりません。

新居にそのままモバイルルーターを持ち運べばそのままネット環境が使えます。この辺りも引っ越しの可能性が高い大学生や新社会人にとって嬉しい!!

【まとめ】一人暮らし・単身の大学生や新社会人におすすめのネット回線はモバイルルーターでほぼ確定!

以上、一人暮らしの大学生や新社会人さんにおすすめのモバイルルーターの特長やひかり回線とくらべた時のメリット・デメリットをまとめてみました。

結論としては

  • デイトレードやウェブ関連の仕事で、1日中自宅でネットを利用する
  • 外出時にスマホやタブレットで動画・ゲームはしない、だから3GBもあればじゅうぶん

という人をのぞき、一人暮らしのほとんどの方の場合、モバイルルーターの方がぜったいに安い!そして使い勝手がいいです。

【キャリア選び】どの回線のモバイルルーターがいいの?

まず現時点で実用に耐えうるモバイル回線を考えた場合、

キャリア名 Wi-Fi使い放題プランの有無 月額料金
DoCoMo  なし  —
au あり(WiMAX 2+フラットfor DATA EXまたはfor HOME) 4,880円
ソフトバンク  あり  3,996円(Airターミナルを割賦購入の場合)
ポケットwifi(Yモバイル) あり( ポケットwifiプランL)  4,380円
WiMAX  あり(ギガ放題プラン)  3,411円(ブロードワイマックスの場合)

以上の5社が中心になります。

しかしながら月額費用と速のスペックを比較してみると、正直WiMAXがどちらも頭一つ抜きん出てるのがわかると思います。安い上に最速でサックサク。

よってこれから申し込む一人暮らしの人だったらWiMAXが1番おすすめです。(参考:【WiMAXとY!mobile速度比較】東京都内の10か所で速度テストの結果を発表!

編集長

docomoは高すぎてコスパも悪いし、ワイモバイルは高い割に速度がWiMAXにくらべ遅いのでイマイチ!

WiMAXならどのプランがいいの?

編集長編集長 いろいろ比較してみた結果、WiMAXがいいのでは?」という方にむけ、WiMAXの料金プランの種類とプラン選びのコツを解説します!

大前提として、WiMAXには月間の上限なしのほぼ無制限に使えるギガ放題プランとそして月間7GB制限のフラットプラン、ライトプランという2つのプランが用意されています。

で、一人暮らしの大学生や新社会人の方の場合、少しでもWiMAXによって毎月の通信費用を節約したいなら、かならずギガ放題を選んでおいてください。

WiMAXの支払いそのものは6~700円ほど高額になりますが、3日で10GB制限があるものの、ほぼ上限無しで使い放題…。

つまり外出時にスマホのギガを思いっきり節約できちゃうので、スマホを大手キャリアから格安シムの1GBや3GBプランに変えることでさらなる通信費用の節約も狙えます!

おまけに現在、どのプロバイダ経由でも最初の2~3か月は通常プランの料金でギガ放題プランを利用できるサービスを実施しているので、逆に最初から通常プランを選ぶべき理由もなし!

なので7GBあれば十分でしょ…って人も、まずギガ放題プランで1~2か月試して様子をみて不要なら通常プランに切り替えてみるのが賢明です。

【目安】月間7GB制限ってどれくらい?

ちなみに通常プランの月間7GB制限、こういったデータ通信で上限に達します。

純粋にYouTube動画を毎日1時間みるだけであっという間に上限に達します。

最悪、月末までに上限に達した場合、128Kbpsというむちゃくちゃ遅い状態に陥るため、余裕をもってギガ放題を選んでおくのが正解です。

端末選びの基準や選び方は?

とはいえ各社さまざまなポケットwi-fiが販売されている中、正直おすすめできない機種や販売元があるのも事実で、知識のない初心者の方だとそんな端末を掴まされてしまうケースもあります。

そこで管理人が今販売されているポケットwi-fiの中から、性能・コスパに優れたポケットwi-fiを3つに絞ってご紹介します!もし迷った場合、この中から選んでおけば2年後、3年後もバリバリ働いてくれますよ!


【W06】

【WX05】

【HOME L02】
利用回線 WiMAX2+ WiMAX2+ WiMAX2+
通信速度 下り最大1.27Gbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
下り最大1Gbps
上り最大30Mbps
スタミナ  10時間30分  13時間40分  家庭用100V電源使用
重量  131g  128g  450g
メーカー  HUAWEI  NECプラットフォーム  HUAWEI
用途 モバイルルーター 据置型ルーター

さらにタイプ別のおすすめ機種を挙げるなら…

wimax
【W06】
月間無制限に使いたい! 通勤・通学がメイン
wimax
【HOME L02】
自宅で家族みんなで使えるwi-fiが欲しい!

上記を参考に自分にピッタリのルーターを比較してみてください。

ぜひとも当ブログで比較しているプロバイダ一覧を参考に、1番お得な会社から申し込んでみてください。

編集長
基本、wimaxの速度や料金プランはどこから申込んでも一緒。つまり申込先の違いは、月額料金と特典の違いなのです!

WiMAXプロバイダの比較一覧

 

【プロバイダによって何が違う?】UQ WiMAXはおすすめできない理由

『せっかくならUQ WiMAXがいいのでは?』

じつはけっこう多くの人がこうお考えになりますが、WiMAXには約30社ほどプロバイダ(代理店)があり、どこから申し込んでも利用するサービスの内容は同じです。

またUQ WiMAXにしよっかなあ…と検討していたユーザーさんにはショックな話ですが、30社ほどあるWiMAXプロバイダ(代理店)の中でも1番料金が高く、キャッシュバック金額が安いのがUQ WiMAXなのです。

つまり速度やエリア、サービス内容がまったく同じWモバイル回線にもかかわらず、UQ WiMAXから申し込んでしまうと2年間で約3万円ほど損するのでご注意ください。

結果、wimaxの中でも1番安いのはどこ?

編集長編集長 「で1番安いWiMAXプロバイダはどこ?」という方。 当ブログが最新の特典やキャンペーンをすべてチェックし、約30あるWiMAXプロバイダの中から端末が無料かつ月額がお得だった上位6社を絞り込んでみました。
特典の詳細 実質料金(3年総額)
35,000円(変動あり)
※ただし手続きは11ヶ月後
120,160円
155,160円(CB貰えない場合)
※CB変動制のため3.5万で算出
3段階の月額割引 133,368円
30,000円
※ただし手続きは12ヶ月後
129,310円
159,310円(CB貰えない場合)
一律の月額割引 133,320円
broad-wimax 3段階の月額割引 131,491円
CBなしの最安値
契約直後と1年後のCB×2回 118,100円
CBありの最安値
134,100円(CB貰えない場合)
※ただしCBの1.6万はAmazonギフト券

基本、上記のWiMAXプロバイダでポケットwi-fiを契約すればdocomoより大幅に通信費用を節約できます。とはいえ各プロバイダで特典や割引タイプもさまざまなため、さらに編集部が独断と偏見で本気でおすすめできる2社に絞り込んでみました。

【一人暮らしならコレ!】最終的にお得なプロバイダ2社

月額料金の安さ・特典の受取りやすさ・Twitter等のクチコミ・評判。 これらをトータルで考えると2022年12月現在もっともおすすめのWiMAXプロバイダは以下の2社。タイプの違う2社なのでアナタの性格に合ったプロバイダをお選びください。

おすすめのタイプ 3年間の総費用
broad-wimax 面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない 131,491円
CBなしの最安値
契約直後と1年後のCB申請手続きならできそうな人 118,100円
CBありの最安値
134,100円
(CB貰えない場合)

「キャッシュバックは欲しいけど1年後の受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するこちら。

Broad WiMAXが確実に特典が受取れる上、総費用もかなり安くておすすめ。

BroadのWEB割引ページ

一方、「GMOとくとくBBのような面倒な手続きは嫌だけど簡単なURLを申請する程度の手続きなら問題ない」という人。こんな人だったらGMOとくとくBBよりも今話題のこちら。

JP WiMAXあたりがおすすめ。 GMOよりキャッシュバックの受取り手続きが楽な上、貰えた場合も貰い損ねてしまった場合どちらもJP WiMAXの方がお得でした。

jpwimaxが新規受付中止へ
この度jp wimaxが在庫端末の確保が難しいという理由から、当面の間、新規契約の受付中止を発表しました。結果jpwimaxに代わり今現在キャッシュバックタイプが1番お得なプロバイダはGMOとくとくBB! 編集部はGMOイチオシします♪
今ならjpwimaxよりお得! ▶GMOとくとくBBを詳しく見る
編集長
残念ながらCBは現金じゃなくAmazonギフト券ですが、受取手続きの難易度を考えても、GMOとくとくBBよりJP WiMAXの方が実質的にお得ですよ
POINT
キャッシュバックを受取れた計算で全プロバイダ総費用を料金比較すると、現状で最安値はWiMAXプロバイダの中でも老舗「GMOとくとくBB」。CB手続きが必要ですが数字的には断トツにお得です。またキャッシュバックの受取ミスなど想定した場合、最初から月額割の設定しかないBroad WiMAXの総費用が最安でした。アナタが1年後のキャッシュバック手続きができるのか?という部分で選ぶ会社は決まってきます。

まとめ

冷蔵庫や洗濯機など何かと出費のかさむ新生活の準備の中、少しでも通信費用を節約したい方にむけ、一人暮らし向けのおすすめwi-fiを調べた結果…

  • 光回線は工事費が高く1~2ヶ月待つのでおすすめできない
  • 各種モバイル回線の中でもWiMAXが圧倒的に安くて快適
  • ただし申込先によって費用が上下するので最安値の会社を選ぶのが大切

という事実が発覚しました。
WiMAXはどこから申し込んでもUQコミュニケーションズの管理する同じ回線を利用するため、速度・エリア・通信制限などは一緒。

なので1円でも安くてお得なプロバイダ経由で申し込むのが節約のポイントです。ぜひ本記事が新生活のwi-fi選びの参考になれば幸いです。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。
圧倒的な使い心地を追求し、日々進化しています。

タップできるもくじ
閉じる